アポクリン汗腺が原因?

体臭の原因には汗が関わっているというのはみなさんお気付きだと思います。
でも、汗っかきの人が全員ワキガだったり、デリケートゾーンが臭いかというと必ずしもそうではないですよね。

 

実は汗が出てくる汗腺には2種類あって、一つはエクリン汗腺、もう一つはアポクリン汗腺と言います。

 

エクリン汗腺は私達の全身に無数に存在していて、運動した時や暑さで汗をかいた時に体温を調節する為に汗を出します。
このエクリン汗腺から出る汗の99%程の成分は水で、残り1%の中のほとんどが塩分、あとはわずかに尿素が含まれているのです。

 

食生活等で多少左右される事はありますが、このエクリン汗腺から出る汗には臭いはほとんどありません。
しかし汗をかいてそのままにしておくと菌が繁殖して、所謂「汗くさい」原因となる事があります。

 

 

問題はもう一つの汗腺、アポクリン汗腺から出る汗で、アポクリン汗腺と言うのは脇、陰部、乳輪、耳の中、肛門にあり粒状で、人によって数の多少や粒の大小が異なります。

 

アポクリン汗腺から出る汗は少し黄身がかっていたり白っぽくなっていて、脂質、たんぱく質、糖質、アンモニア等が含まれていて、この汗と皮膚に付いている菌が混ざり合って悪臭になるのです。

 

汗っかきではないのにワキガやデリケートゾーンが臭いのは何故だろう?と疑問に思っていた人は、このアポクリン汗腺が人より多く、活発なのが原因だったということです。